30start’s diary

e mali u e 「歩こう歩こうわたしは元気♪」

社長を経験した後は投資家になりたい


そうなんだな〜。



f:id:asuhikaru:20170519150214j:plain



たくさんのスタートアップ企業の人と会ってみてやはり思うのである。





責任者として会社を自分でつくったり、運営したりした人って、将来は若い会社経営陣をサポートする投資家になりたいっていう人が多いんだよね。





「できなかった」状態から「できた」を実現した道をあるいた人は、今度は同じように誰かの「できた」を導いていくお手伝いをしたいと自然と思うもんだと思う。





歩いたその道が、自分に自信や仲間や心の豊かさや、そんな無限のエネルギーを与えてくれたものだと知っているから。




わたしは治療家になりたかった。




治療家って、人の「できない」を「できる」に導き、可能性の扉を開く人のことを言うのだと思う。




投資家も同じ。(まぁ、ここでは健全な投資家という意味で。)




今の「現実」には「ない」ものを、「理想」の「ある」に導く人。





ここでもやっぱり、




ない」と「ある」の間で揺れ動く。




「現実」と「理想」の間で揺れ動く。




この二つの世界を絶妙なバランスで行き来できる人ってすごい波乗り上手なんだなぁ。。





「みえる」と「みえない」



「わかる」と「わからない」



「できる」と「できない」



「ある」と「ない」



コインの裏表をくるくると自由に行き来するような感じ。




行き来するバランスが崩れると机の上で回っていたコインが倒れちゃうけど、自由に行き来できていると、コインもずっと回っていられる感じ。




けど、バランスを崩して時に倒れるのが、本物のわたしたち人間。




常に永遠に回り続けるコインは、偽ものなのかもしれない。




それは神だけが成せる技で、わたしたちは神にはたらずとも、神を目指し、その過程を楽しむ、そういう存在なのかもしれない。





最善を尽くすってそういうことなのかもしれない。




いま、とある映画のシーンが頭に浮かんでいる。




あの映画は、確かコマを回転させていたな 笑




そういうことなのかもしれない。




人が回してるコインなんてのは、他人からは見えないもんだと思う。




でもみんな、自分のコインを持っているんだと思う。




自分のコインが倒れても、他の誰かのコインはまだ回っている。




誰かのコインが回っている限り、何度でも回し直すチャンスはあるのだと思う。





そうやって、全体のバランスをとっているんじゃないだろうか。




世界のどこかにいる誰かさんが今日もコインを回し続けている。



















お客さんはよく知ってる


今日はさ、表参道の素敵〜なお野菜と玄米の創作カフェにランチに行ったのよ。





その値段でその質と味があって



それでこその



「満足」がある。




質がいいから、味がいいから、




だけじゃ、満足なんてならない。




しっくり〜!ってきたときに満足になる。




質も、味も、サービスも、値段も




ピタッとそれらの「バランスが理に適ってんな!って自分が納得できたとき」




一番、「美味い!」って感じる




そう。そんで、表参道で食べたヘルシーご飯はめっちゃうまかった。




そして値段もそれなりにした。




けどね、吉野家で食べた生姜焼き定食の方が満足したのよ!笑




自分でもびっくり。




けど、確かに満足感は吉野家が優ってた。




そして、満足感がハマった方の食事が、健康的だなとなんか感じちゃったのよね。





きっと吉野家のお肉もお米も、そんないいわけじゃないのはわかる。




いい野菜にいい調理にいい味で、しかも発酵玄米のお店の方が明らかに健康的!ってなるように思う。




けど、食べる人の満足感が健康的かどうかを決めるんだとわかっちゃった。




生活水準とか価値観とかみんな違う。




自分にしっくりくるバランスは人それぞれに。




人間は面白い




「お主、バランスが絶妙に美味いの〜!!!」




今日は、おいしいって言葉の深みを知った。




おいしいは、バランス。




自分との関係性のバランスなんだ。




食事も友達の関係性と同じってことだ。









安心安全・無力無敵


安心してるから安全であって



無力だとわかってるから無敵であって



安心安全無力無敵〜



これめちゃんこパワフルな言葉なんだなぁ〜。



先御霊串御霊〜



のやつと同じだなぁなんて思う 笑




初めては本当に怖いよね



怖くないとしたら、それ初めてじゃないんだよ



心安まる場所がちゃんと他にあるとか、そんな感じなんだと思う



だから怖がってる人をバカにしちゃいかん



バージンは誰だって怖いんだよ



心の通わないセックスがうんざりするのと同じくらい



心の通わない関係性なんて必要ないんだね



お仕事ってそういうこと



お互いの心が通って初めていい循環が生まれて、育まれて、自然と大きくなっていく




だからね、やっぱり人をバカにしちゃいかん




安心安全無力無敵な状態がうまくいってないだけ。




安心安全無力無敵



(明朗快活美人美尻!これは追加。。笑)





目のアレルギー

目に映るもの全部が敵に見えているから炎症が起きるようだ。



ちょーーー!!!痒かったのが、





「わたしは信じる」




ってみぞおちから放ったら、




一瞬で痒みが引いてしまったのだ。




あら、びっくり!




わたしは信じます。




わたしはあなたを心から信じます。




たったそれだけ〜〜




まじかーーい!笑




シャンプーやら水やら何やらかんやら変えたけど、そりゃ効かないよな。




信じる心が戻んなきゃ、全ての使い道は失われ、すべて敵になってしまう。




モノを使うのは、単に消費するんじゃなくて、それぞれの使い道を知ることだった。




この使い道はなーんだ??









お・も・て・な・し

f:id:asuhikaru:20170515102345j:plain


ふと、「おもてなし」という言葉が思い浮かんだ。




「おもてなし」って、要は「こころ」の在り方の呼び名なんだね。




持って為す。




万事こころを持って最善を為すというのがしっくりくる。




目配り、気配り、心配り、人間の五感やさらにはそれ以上の感覚を全開にして為す。




相手がやってくる前から準備して、相手が去った後までも、また再来してもらう日に向けて祓い清めておく、そんなイメージです。




おもてなし・・・




心地よく呼吸ができますように・・・との祈りの行いみたいだ。













意味なんてない

f:id:asuhikaru:20170514184054j:plain


本当に



ようやく



身体の感覚が



少しずつ



呼び覚まされてきた







あの感覚が



わたしの元に還ってきてくれた




何度も何度も呼びかけよう



身体を動かしながら



このポーズができることに



何の意味もないのだと



そうまた思い出した



何の意味もなくたって



わたしたちはやるのだ



それがあまりにも愛おしい営みだと



そんな感覚が過ぎり



またポーズと呼吸へ流れていった



そんな今日のクラスだった




意味なんてない



それと同時に



意味がある




そんなどっちでもいいような



ないとあるの間で揺れ続ける



そんな自分の姿が垣間見えた時間



ヨガをやってて良かったなって、そんなことを思いながら歩いて帰った




























f:id:asuhikaru:20170514183011j:plain


水面に映る空模様。



またわたしは水に助けてもらうのだ。



美しい地球。



美しい音が水を振動させる。



わたしの身体が喜びの振動で揺れる。



これが地球の音。