30start’s diary

e mali u e 「歩こう歩こうわたしは元気♪」

お客さんはよく知ってる


今日はさ、表参道の素敵〜なお野菜と玄米の創作カフェにランチに行ったのよ。





その値段でその質と味があって



それでこその



「満足」がある。




質がいいから、味がいいから、




だけじゃ、満足なんてならない。




しっくり〜!ってきたときに満足になる。




質も、味も、サービスも、値段も




ピタッとそれらの「バランスが理に適ってんな!って自分が納得できたとき」




一番、「美味い!」って感じる




そう。そんで、表参道で食べたヘルシーご飯はめっちゃうまかった。




そして値段もそれなりにした。




けどね、吉野家で食べた生姜焼き定食の方が満足したのよ!笑




自分でもびっくり。




けど、確かに満足感は吉野家が優ってた。




そして、満足感がハマった方の食事が、健康的だなとなんか感じちゃったのよね。





きっと吉野家のお肉もお米も、そんないいわけじゃないのはわかる。




いい野菜にいい調理にいい味で、しかも発酵玄米のお店の方が明らかに健康的!ってなるように思う。




けど、食べる人の満足感が健康的かどうかを決めるんだとわかっちゃった。




生活水準とか価値観とかみんな違う。




自分にしっくりくるバランスは人それぞれに。




人間は面白い




「お主、バランスが絶妙に美味いの〜!!!」




今日は、おいしいって言葉の深みを知った。




おいしいは、バランス。




自分との関係性のバランスなんだ。




食事も友達の関係性と同じってことだ。