30start’s diary

e mali u e 「歩こう歩こうわたしは元気♪」

久しぶりの歯医者


夜中は、また発作で怒りが止まらなかった



めまいがひどい



息ができない



罪悪感と怒りに押しつぶされる



夜中に母にまたたくさん叫んだ



本当なら優しい言葉たくさん言いたい



でも、わたしの身体はそんな風にうまくは育まれなかった



別に誰のせいでもない



仕方ないことでこの世界は溢れてんだから、、、仕方ないんだ



母にごめんなさいと思うけど、そう言えば済むような問題でもなくて、自分にはどうしようもないんだ



こんな状態ではけいこに声もかけられないのだから




うまく動けなくなると、口だけの姉は自分だろうってケリたくなる




オカダさんがメッセージを書いてくれて、ほっとした



いくら近くにいても、自分の声はちっとも届かないことくらいわかっている



けど、誰か他に頑張って自分が求める世界に向かって、貪欲に、手を伸ばして走ってる人の声だったら、



きっと、その勇気のエネルギーが言葉に宿って、ストレートに届くと思う




あー、カウンセリング治療がまだまだ必要だなと、自覚する瞬間が至るところにありすぎる




悔しいのか、情けないのか、アホらしいのか、無様すぎて笑うしかない


f:id:asuhikaru:20171213161100j:plain


けいこに送りたい言葉を、オカダさんの言葉でエネルギー込めて書いてくれた



歌を歌う人はわかっている



どうすることもできないから、歌うしかないってことくらい



やっぱり歌はすごい勇気玉だな








母にお昼に歯医者に連れていってもらった



わたしを乗せて一生懸命にペダルを漕いでくれた



後ろの座席からは母の白髪がみえる



情けない自分に言葉がでない



それなのに、わたしのトラウマの傷が疼いて怒りが満ちるのだ



もうどうすることもできないんだ



謝ってすめば、本当に幸せな世界だよな



こんなギクシャクした関係の毎日でも、

これが唯一、わたしと、わたしを産んだ母との、大事な思い出だ



きっと何度も思い出す



みんなの助けを借りながら生きていけたら、幸せだよなって心底思う



今日は一段と風が寒い



口内も弱り切っているようだ

(これでは虫歯になるじゃんか。。)


歯だけは死守せねば!


早く元気に走り回りたい!!


オー!!!!!