30start’s diary

e mali u e 「歩こう歩こうわたしは元気♪」

憎しみの果てに!?

f:id:asuhikaru:20180111122307j:plain


わたしが自然を必要とするのは



きっと自然しか癒せないものがあるからだ



何も言わずにただそこに佇む美しい世界



わたしの父は終始暴力的な人だった



まぁ、当たり前のように



父を憎んでいた



そう、あの男が憎かった



わたしは親鸞がすきだ



人間くさいから



親鸞といえば



五逆罪なのだ



その中でも、父親殺しの罪について



親鸞は死ぬまで向き合うことになった



そう、人間は、いくら綺麗事を並べても



心の中では親を殺す生き物なのだ



そりゃ、人間だから



きっとわたしは、この憎き父親と、ビジネスが重なってしまっているのかもしれない



まぁ、どうでもいいのだが



みんな根は真面目だよな〜って思う




みんな求めているもんは同じパッピーエンドストーリーだからな



父親を憎んでないふりとかしたくない



わたしは父親を殺したいくらいに



あの人を憎んでいた



それはあまりに自然なことであって



憎まない方が不自然であって



どうして殺せないんだろうかと悩んだりした



あの人を憎んで良かった



憎んで憎しみを知った



憎いって言葉を知ってる人は、



みんな人を憎んだ経験のある人だし



別にそれって、自分が思う以上に、



ごく普通のことなんだろな



じゃぁ、この人間の憎しみを認めた果てに



一体何があったのだろうか?



これから、何があるのだろうか?



憎かった想いは決して悪いものではない



憎しみを悪と定めて責める者が、本当の悪をつくりだすんだろう



あー、、マジであの人、憎かったな



憎かったよ、辛かったよ、殺したかったよ



そうなんだよ



本心なんだよ



もう無かったことにしなくていいんだな



わたしは人を憎んだのか



なんだ、ただそれだけだけかよ



あー、自然は美しい



憎きを知り、美しさを知る



愛憎



憎きを知り、愛を知る



くっついてるとややこしいんだよね



美しさがわかる人は、憎き心をよく知っている



だから、美しさが映えるのだ



美しいバラにはトゲがあるってよく言うアレよね〜 はははっ



わたしも一人前の人間やってんのかー